メンタル相談室こころの杜

うつ病、神経症、人間関係の悩み等を専門にしております

うつ病

身体的症状としては不眠がうつ病の9割以上に見られる症状で、特に途中で目が覚める不眠がよく起こります。
 さらに、不眠の状態が続くとうつ病が起こる可能性が高いこともわかっています。
 また、食欲も落ち、体重が減ってしまうことがあります。
 その他には、疲れやすい、口が渇く、便秘や下痢、めまいやふらつき、動悸、息切れといった、いわゆる「自律神経症状」を伴うこともよくあります。
心の症状としては、ゆううつで落ち込んだ気分となり、涙もろさや寂しさを引き起こします。
 さらに、今まで興味を持って取り組めた事柄に興味がなくなり、楽しくなくなります。しかも、自分を「だめな人間だ」と強く思い込んでしまうこともあり、その結果、「自分などこの世にいらない」と自殺を考え出してしまうことがあります。
 いずれの症状も、自分や周囲の環境を実際以上に否定的にとらえてしまうということが、根本にあります。
 これらの症状は、朝に症状が強く、夕方になると少し楽になるということもよく起こるため、家族の方は帰宅後の様子を見て、「たいしたことない」と誤解してしまうこともあります。 メンタルクリニックで処方されたお薬を飲みながらのカウンセリングが有効であると思います。

神経症

神経症と言っても様々な神経症があります。とくに不安神経症やパニック障害などはカウンセリングによって良くなります。

人間関係

職場や家庭または学校での人間関係の悩みを抱えておられる方はかなりの数おられます、カウンセリングを通して少しでも和らげるお手伝いをいたします。

お問い合わせ

毎日毎日、情報化社会の中で、人間関係の中で心を病んでしまう方はたくさんおられます。メンタルクリニックでお薬を処方されてもはたして根本治療になるでしょうか?
十分な時間の中でのカウンセリングは必ずや必要だと思います。

Mobile QR Code

QRコード
携帯のバーコードリーダーでQRコードを読み取ることで、携帯版ホームページへアクセスできます。
PAGE TOP